2008年05月14日

国の赤字再発防止策とは

国の赤字再発防止策

国の赤字不具合対策「再発防止策」、やるべき事がいっぱいありまして、

以下順に述べます。

まず始めに根本は省の業務費用が赤字 どうして「国の借金」と言うのか、

もう一度考えてみます。

本当の原因は「各省の業務費用が赤字だ、多年に渡って」でしょう。

赤字解消の為にお金が必要で、そこで公債を発行してお金を入手し、

財務省を通じて各省にお金を渡して赤字を補ってきたわけです、それも多年に渡って。

だから本当は「省の借金」なのです、

それをなぜ「国民に押し付けるのか、

なお「各省の赤字」自体もその実態及び真相を別途究明する必要があります。

次の問題としては 公債の大量発行! 本当の問題は「公債の大量発行(=国の借金)」

であって、省が「公債は借金である」事を隠してきた結果でしょうが。

ここで借金の常識を確認しておきます。

「自ら返済できる見通しを持って自らお金を借りる」のが「借金」ですよね。

借金には「担保」が必要ですよね。

返す当てもない借金を国民から吸い上げているのです

実は省ではこの借金の常識が通用しないのです。

国債に「担保」があったでしょうか 国が発行しているから信頼性があるはずだ、と思っているだけです。

担保物権はないし、負債は資産を上回っているし、

借金だらけ(民間ならとっくに破綻)で、

破産していても「自ら返済を見通して借金」なんてうそですね。

公債金を使っている各省自身が借金返済には知らん顔で使いたい放題、

借金管理も財務省に任せっぱなし、また財務省も税金が入ってくるはずだと。

要は全省が借金(公債)を食い物にしているのです。

本当は責任の所在を押し付けるべきです。

だから国が大借金になったのです。
posted by あちゃこ at 16:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 公務員とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。